11月1日(日)あきた郷土作物研究会 ワークショップin田沢を開催します。 (終了しました。)

 ~田沢ながいも~

 

仙北市田沢地区は古くからの長いもの産地です。玉川が運んだ細かい砂によって深く良質な作土が形成されます。その品質から「田沢ながいも」として名を馳せました。しかし、青森などの産地が伸びて「田沢ながいも」生産は激減し、幻の「田沢ながいも」とさえ言われるようになっています。産地の実情を見ながら、収穫体験や料理体験をとおして「田沢ながいも」のこれからについて語り、交流をします。

 

■日 時 平成27年11月1日(日)

午前9:30~午後3:00(現地)

■参加者 先着30人

     あきた郷土作物研究会会員・県民

■場 所 田沢交流センター(田沢出張所2階)

仙北市田沢湖田沢字大山7
■主 催 あきた郷土作物研究会・田沢地域運営体「荷葉」
            

■日 程  750      貸切バス秋田県庁正面 出発

     930       田沢交流センター集合・受付

9401010 オリエンテーション・概要説明        

     10201120  圃場・収穫(雨天時は中止)

      11301330 料理体験・昼食

     13301500 交流

・伝統野菜生産者のお話

               ・田沢地域の伝統野菜の保全活動について

     16:40      貸切バス秋田県庁前  到着

                     

■会 費 2,000円(昼食、謝礼等)※バス代は無料
    中学生・小学生をお連れの方は一人につき1,000

    (保育園以下は無料)

 

■服装・持ち物

     ゴム長、手袋、帽子などをお持ちください。
    体調などで堀取りは見学のみという方はその旨お申し出ください。

 

■申込み 平成27年10月29日(金)まで

※定員になり次第締め切ります。   

お名前、電話番号、バスのご利用をメールまたはFAXにてお知らせください。

               TEL 0188721631 FAX018872168

               E-mailinfo@akikyo.net

      秋田県立大学 生物資源科学部(担当:生物生産科学科 櫻井)