10月23日(日)ワークショップin菊産地(湯沢・横手)終了しました。

県南では東北の在来種の菊が栽培されています。横手では「岩風」、湯沢では秋田の伝統野菜「湯沢菊」があります。夏菊ではありますが、深まる秋に味も良くなるというその産地を訪ね生産者のお話をお聞きします。また伝統野菜との関係が深い麹文化についても学びます。

■日 時 平成28年10月23日(日)午前8:00~午後3:00

 

■参加者 県民およびあきた郷土作物研究会会員30人

     

■場 所 羽後町・横手市・湯沢市

インテリアショップ&カフェももとせ

秋田県湯沢市 岩崎字岩崎160

電話0183-55-8839

■日 程     8:00                県庁前出発(秋田観光貸し切りバス)

       8:10              秋田駅東口出発

       9:2010:00   羽後町道の駅「端縫いの郷」視察

           (車で直接お越しの方がこちらで待ち合わせです)

10:1511:00 食用菊「岩風」視察(十文字バイオ研究会)

11:1512:15  食用菊「湯沢菊」視察(収穫体験)         

          12:3013:15  昼食 インテリアショップ&カフェももとせ

・蔵を改築した素敵なカフェで、菊の試食と

   発酵食品を使ったお昼ご飯を頂きます。

13:1514:30  交流&ディスカッション

                              ・ももとせのご紹介

  (有)アシスト實務工房代表 沓澤優子さん

・食用菊の文化について

 あきた郷土作物研究会副会長 野口かおりさん                                                                                      (ルセット)

          ・秋田の発酵文化について

                           (有)石孫本店代表取締役社長 石川裕子さん 

 14:3015:00   石孫本店蔵視察 
      16:10     秋田市到着

                

■参加経費 2,000円 (昼食、資料代等)

■申し込み 平成28年10月17日(月)まで

                  (定員になり次第締め切ります。)

お名前、住所、電話番号、乗車場所を下のフォーム、メールまたは

FAXにてお知らせください。

              TEL 0188721631 FAX018872168

              E-mailinfo@akikyo.net

 

     秋田県立大学 生物資源科学部(担当:生物生産科学科 櫻井)